手術後101日目 あともう少し・・・か?

4月28日(手術後101日)

今日は23度目のリハビリに行ってきました。
やることは何時もと一緒ですが、今日は足の指先のマッサージ中心で何で指先?と思ったら、つま先の動きを良くするためでした。
リハビリ後に歩行姿勢チェックのために鏡に向かって歩くのですが、不思議なことにリハビリ直後はスムーズに歩けます。
今日は階段の上り下りもスムーズで、もう少しだけつま先の動きが良くなれば綺麗な歩きが出来るまでに回復しました。

右足の腫れはまったく無くなり、腫れが無くなったことで左足よりも筋肉が落ちたことが判るようになりました。
b0361672_11191213.jpg

骨折した部分を触ってみると、仮骨が出来てくるに従って骨が盛り上がってきていることが感じられます。
指先の部分が盛り上がっていると感じられる部分
b0361672_11192456.jpg

骨折した脛骨部分も手術の時に切開していますが、確かこの辺が脛骨の骨折箇所だったはず・・と手術直後の写真と見比べなければ判らないくらいに縫合した傷が消滅してしまいました。
b0361672_11194490.jpg

皮膚の表面ではなくて皮膚より少し中を縫合されていますので、手術直後でもあまり縫合傷は目立たないのですが、時間が経過すればするほど縫合傷は消えていきます。
「髄内釘(ネイル)」を入れるために切開された膝の部分の傷以外は、夏までには消えてしまうかも知れません。
医学の進歩には、本当に驚いてしまいます。
1月26日から4月28日までに撮り貯めした足の写真を一枚にまとめてみました。
b0361672_11193547.jpg

連休を挟んで5月12日にレントゲン撮影&診察&リハビリの為に病院に行く予定でしたが、主治医が5月12・13日は不在とのことで12日はリハビリにだけ行くことにしました。
右足つま先の動きをあと少しだけ良くするために、つま先立ち運動と片足立ちでバランスをとる運動をしっかりとすることが次回のリハビリまでの宿題になりました。

今日のリハビリ帰りから杖を使うのを止めましたが、かなり快調に歩けています。
たまーーに骨折箇所が痛む、髄内釘を固定しているボルト部分に違和感を感じるなんてこともありますが、それも時間経過と共に解消していくと思われます。
無理の無い範囲を正しい歩き方で歩く、通勤電車の中では座らない、エレベーターは使わずに階段の上り下りをする・・・
そんなことが苦にならないくらいに回復しました。
あともう少し・・・



ご注意
診察内容・処置内容に関しては、個人の記憶の為、多少誤りがある場合があります。
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。





by mura5151 | 2016-04-28 23:17 | リハビリ


右足脛骨腓骨の骨折治療記です。同じような骨折をされた方の何かの参考になれば幸いです。


by mura5151

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
リハビリ
入院
抜釘を目指して
抜釘手術
抜釘手術後
未分類

最新の記事

骨折手術後408日目 回復途上
at 2017-03-01 21:14
骨折手術後402日目 皮膚接..
at 2017-02-23 23:47
骨折手術後388日目 退院し..
at 2017-02-09 21:14
骨折手術後387日目 抜糸し..
at 2017-02-08 20:16
骨折手術後386日目 血の滲..
at 2017-02-07 19:12

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月

記事ランキング

タグ

ブログジャンル

病気・闘病
健康・医療

検索

メモ帳

My Homepage
  

フォロー中のブログ

膝蓋骨骨折の記録

画像一覧

その他のジャンル